Loading...

<搭乗記>エティハド航空 EY871 東京成田→アブダビ

はじめに

今回はエティハド航空でアブダビ経由のロンドンまで。
知り合いの間ではビジネスの評判がそこそこ良い。でもエコノミーは微妙だとか。
ま、自分で利用してみれば分かりますね。

というわけで、まずは成田からアブダビです。
アブダビ→ヒースローはこちら。
<搭乗記>エティハド航空 EY19 アブダビ→ロンドンヒースロー | Help Point

航空会社: エティハド航空
便名: EY871
出発空港: 成田国際空港21:20
到着空港: アブダビ国際空港04:35(翌日)
所要時間: 12時間15分

チェックイン

空港には出発2時間前の19:20頃到着。
久しぶりの成田空港第1ターミナル南ウイングでチェックイン。

すでにチェックインは始まっており、エコノミーの列は長め。
並ぶの嫌だな・・・なんて思っていたらオンラインチェックインの列が。
スタッフの方に聞いてみるとオンラインチェックインをしていればこの誰もいない列に並べると言うことなので、スマホで即オンラインチェックイン。オンラインチェックインと言ってもスマホでパスポート情報を入力するだけなので2分程で終了。

ささっと列を移動してカウンターへ直行。
出発の前日に予約したのでオンラインチェックインの存在を忘れていましたが、やはりオンラインチェックインはどの航空会社も基本必須だと痛感。

チェックインは簡単・・・とは行かず、システムのサーバーダウンとかで5分ほど待機。
その間に伸びるエコノミーの列。オンラインチェックインをして良かった。

荷物も搭乗券もロンドンまで。当たり前ですな。

ビジネスクラスへのアップグレードを勧められるも、成田-アブダビの片道で950ドルは無理。
ゼロが無ければ申し込むんですがw

というか950ドル追加するくらいなら、エティハドじゃなくて直行便に乗るし・・・・・・・。

搭乗

20:40頃から搭乗開始。
尚、出発時刻は21:20から21:10に変更。

この時間のエティハドとカタールは毎日10分~20分程早く出発できるように変更している気がしますが、だったら最初からその時間に・・・・・・。

出発ギリギリまで仕事があったので一番最後に搭乗。21:05頃。

エコノミーの搭乗率は8割前後。

直ぐにドアクローズ。
ただ、なかなかタキシングされず、21:20頃ようやく滑走路に向けて移動。
21:30頃離陸。

シート

機材はA330-200。エティハドは2タイプあるようですが、この日のフライトはエコノミーが240席のタイプ。ちなみにマンチェスター・ブルー特別塗装機。

エコノミーはシートピッチにバラつきがあるようで、座った席ははっきり言って最悪。
どう考えてもエアアジアXよりも狭い。

どの席が広くて、どの席が狭いのか教えてくれれば座席指定の時に選んだのに・・・・・・。

もちろん特別狭いというわけではなく、長距離国際線であれば標準か標準よりもやや狭いレベルにしか過ぎません。しかし7時間を超えるフライトでは1インチ広いだけで快適性がグッと増すので、今回のフライトはハズレとしか言いようが無い・・・・・・。

リクライニングは普通。だたボタンが固いのなんの。親指が痛くなるくらい押さないと倒れないという素晴らしいクオリティ。

USBポートや電源があるのは嬉しいですが、今は付いているのが標準ですからね。

食事

離陸後1時間ほどで機内食。
和食か中東系、ベジタリアンの3食からの選択。
日本発なので和食を選択。

うーん、10点満点で6点くらい。
不味くもないけど美味くもない。
メインはオヒョウを揚げた天ぷら風のものと、米。
オヒョウ・・・・・・。イギリスでも食えるんだけどな・・・。

よくメインが米なのに寿司をサラダ感覚で載せてくるエアラインがありますが、だったらメインを寿司にしろよとw

飲み物はビール、ハイネケンを選択。
完全に常温。温い。マズい。
ああ、機外に1分くらい置いておけば直ぐに冷えるのに。高度1万メートルでこんな温いビールを飲むことになるとは。

2食目は到着1時間30分前。
和食かオムレツかの選択。
日本発なのでまたも和食を選択。
お粥。5点。
なぜか自分のフルーツだけほぼ無し。
インスタントの味噌汁もお湯を入れるのを忘れられるし。

隣の人のフルーツは普通なんだけどな。
ツイていない。

日本の機内食工場でフルーツ入れ忘れとかあるの?誰か食ったの?

エンターテイメント

10.4インチのモニターでそこそこ映画が見れます。
ただ、日本語は少なめ。
中部と成田にしか就航していないので、これが限界でしょう。

最新の映画情報はこちらで。
E-BOX - Etihad Airways

ヘッドホンがかなり固め。頭が痛くなってしまった。自分で持ってきたイヤホンが一番。決して頭が人よりデカいわけでは無いです。

映画よりも素晴らしいと感じたのは、各放送局のライブ映像。
BBCはCNNはもちろん、NHKまで。
無料でこういった番組が見れるのは嬉しいですね。
この日はワールドカップが見れたので文句無し。

機内wifiは2タイプあるようで、この機材は時間制。
JALの国際線と同じPanasonic Avionicsかな。使ってみようかなと思ったものの、ワールドカップが始まるまで寝る予定なので、また次回。

サービス

サービスは特別良くもないし、悪くもない。
中東系は働いている人が多国籍なので、人によって対応にバラつきがあるというのが個人的な印象。
ただ、一人一人が良いところと悪いところを補っているように感じるので、その点は好きな所。

ブランケットがかなり厚めで良い。
アブダビで乗継時間が長い人は、寒い空港内で何時間も待つ羽目になることもあると思うので、このブランケットを持って行くことをオススメ。
次のフライトで返せば問題無し。寒がりな人は客室乗務員に頼んで2~3枚用意しても良いかも。

アメニティは普通。
歯ブラシ・耳栓・アイマスクが入ったポーチを配られるだけ。
無いよりはマシ。

到着

現地時間03:00頃着陸し、03:20頃駐機場で停止。タキシングが長い長い。
ターミナル3に到着って話だったのに、ターミナル1。しかもバス移動。

成田→アブダビの所要時間は約11時間だったわけですが、スケジュール上は12時間以上。
エミレーツやカタールの成田発のフライトが11時間以内という設定で、なぜかエティハドの成田→アブダビだけが12時間以上という所要時間になっています。
このためかなりの確率で早着します。
それだけ寒い空港での滞在時間が長くなるのでどうにかして欲しいですね・・・・・・。

飛行ルート


まとめ

噂通り、ごく普通のエアライン。

最近は日本-欧州間の最安値になることも多く、成田-アブダビ間はほぼ満席。
某旅行代理店の添乗員付きヨーロッパ方面ツアーに参加している人がかなりいたので、安さ優先だとエティハドで決まりなのでしょう。
チューリッヒ・アテネ・ブリュッセル・・・・・・ヨーロッパ各地へ添乗員と共に皆さん飛んでいきました。

まだロンドンまでのフライトが残っているのでまとめはそちらで。
<搭乗記>エティハド航空 EY19 アブダビ→ロンドンヒースロー | Help Point
搭乗記 3315862772481972768
ホーム item

スポンサーリンク

新着記事

このブログを検索

アーカイブ

今週のおすすめ?